豊橋市立高豊中学校
 

緊急時の対応について

◆ 大規模地震に関する事項  南海トラフ地震に関連する情報(臨時)が発表さ
   れた場合

1 調査開始の情報(臨時)が発表された場合

 ・続報に注意し,通常通り授業または学校行事を行う。

2 大規模な地震発生のおそれに関する情報(臨時)が発表された場合

 (1)在宅中
 ・翌日(当日)の授業または学校行事は中止する。学校の連絡網や高豊メール
  により登校指示があるまでは休校とする。

 ・「大規模な地震発生の可能性が高まった状態ではなくなった」との情報に基づ
  く市教育委員会からの通知に従い,登校の指示をする。

 (2)在校中
 ・授業や学校行事は直ちに打ち切り,「生徒引き渡しカード」の記載に基づ
  き,速やかに下校させたり,保護者への引き渡しを行ったりする。

 (3)登下校中

 ・登校中の場合は,原則として登校する。登校後は,「生徒引き渡しカード」
  の記載に基づき,速やかに下校させたり,保護者への引き渡しを行ったりす
  る。その後は「
在宅中」の措置をとる。

 ・下校中の場合は,原則として帰宅し,家族とともに行動する。その後は「⑴ 

  在宅中」の措置をとる。

◆ 豊橋市に暴風警報・暴風雪警報等が発令された場合

(1)登校前に暴風警報・暴風雪警報が発令された場合

 ・午前6時00分までに解除されたときは,平常授業を行う。

 ・午前6時00分を過ぎても解除されないときは,当日の授業は行わない。

(2)登校後に暴風警報・暴風雪警報が発令された場合

 高豊メールで、次の内容を発信する。
 「授業を中止し,すみやかに下校をする。」  

(3)登校前に「大雨警報」,「洪水警報」,「雷注意報」「大雪警報」などが発令
  された場合

 ・原則として,平常通りの授業を行う。 

 ・悪天候のため,登校が危険と判断された場合は(保護者判断),自宅又は最寄
  りの家庭で待機する。この場合,学校到着が遅れても,遅刻扱いしない。(家庭
  からこのことを学校へ連絡すること)

(4)登校後に「大雨警報」,「洪水警報」,「雷注意報」などが発令された場合

 ・原則として,平常通りの授業を行う。情報および天候から判断し,安全に下校
  できる場合は,下校をさせる。

 ・下校時刻を過ぎても,安全に下校できないときは,引き取り下校とする。(体
  育館待機)

(5)校区内の一部地区に「避難指示」「避難勧告」が発令されている場合

 ・原則として,平常通りの授業を行う。

 ・該当地区の保護者・生徒は避難情報に従って避難し,解除されたら保護者が学
  校に送り届ける。その場合,出席簿上は遅刻とならない。

 ・登下校に危険があると思われるときは,安全が確認されるまで,保護者の判断
  により自宅で待機し,学校に連絡を入れる。

 

◆ 豊橋市に特別警報が発令された場合

(1)登校前に「特別警報」が発令されている場合

 原則として,暴風警報・暴風雪警報が発令された場合(1)(2)と同じ対応をする。

(2)登校後に「特別警報」が発令された場合

 ・即刻,授業は中止し,生徒の安全を確保する。

  (基本は,各教室にて生徒を留め置く。状況により,体育館・運動場の場合も
  ある。)

 ・特別警報が解除されたら,eメッセージにて保護者に引き取りの要請をする。

 ・保護者の迎えがあった生徒は,名簿で確認して引き渡し下校する。

 ・保護者の確認ができない生徒については,確認ができるまで学校で待機する。

 

◆ 弾道ミサイルが発射された場合の対応

(1)登校前に発表された場合

 ・家庭で待機する。

 ・避難行動解除情報の確認ができ次第、学校からメール配信等で連絡をする。
  (登校時間は,解除後約1時間後をめどとする。)

(2)在校中に発表された場合

 ・速やかに校舎内に避難し,教室カーテンを閉め,できるだけ窓から離れてしゃ
  がみ,頭部を守るよう指示を出す。

 ・避難解除の指示があるまで避難行動をとる。