豊橋市立栄小学校
 

日誌

校長室より
123
2021/10/20new

通学路の一部が変更となりました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

通学路の一部が変更となりました

令和3年10月20日

 

 昨日より、通学路の一部を変更しました。南部中学校の南側に住む子どもたちが対象となります。南部中学校南側踏切横の横断歩道を渡り、南部中学校の敷地内を通ります。以前は、運動場西側の松並木を通っていましたが、今後は校舎横の砂利道を通ります。登校中、中学生とすれ違う場面も増えます。

 令和4年度より、南部中学校・栄小学校・福岡小学校の3校にて、小中一貫教育を実施していきます。学校の垣根を取り除き、横のつながりや縦のつながりの強化を図ります。これにより、子どもたちの学びを9カ年のスパンで計画し、支援・指導をしていきます。

 垣根は、人的交流から取り除かれていきます。まずは、児童・生徒間の交流を始めます。お互い、すれ違いざまに交わすあいさつ。新しい世界の幕開けを感じました。南部中学校のマスコットキャラクター「南丸君」ともあいさつを交わし、今日も一日がスタートします。



17:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/19new

逆上がり、がんばっています

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

逆上がり、がんばっています

令和3年10月19日

 

 1,2年生を対象にした逆上がり検定が始まりました。ねらいは、「目標に向かってがんばろうとする気持ちを育てる」です。初回検定で、1年生の子たちの約5割が、2年生の子たちの約8割が合格していました。

 早い子は、夏休み中から練習をしていたようです。ときどき、回れなくて泣き出してしまう子もいます。それだけ、逆上がりの習得に価値観をもってくれているなとうれしくなります。本年度終了時まで、何度でもチャレンジは可能です。何度も練習をし、ぜひ成功させてあげたいなと願います。

 初任の頃の奮闘ぶりを思い出しました。6段の跳び箱を全員跳ばせてやろうとむきになって指導したことがあります。1時間の授業では達成できず、2時間延長して指導をしました。40名の児童のうち、Sさんだけがなかなか跳べません。39名が見守る中、一人チャレンジを続けます。そのうち、周囲の子から盛んな声援が沸き起こりました。そして・・・、とうとう跳べたのです。Sさんは、うれし涙で顔をくしゃくしゃにして、同様に顔をくしゃくしゃにしている私に抱き着いてきました。

 目標に向かってがんばろうとする気持ちを育てる。Sさん同様、216名の子たちに育まれていくことを願います。Sさんについては、後日談があります。私の新婚旅行の帰り道、豊橋駅でSさんにばったり会いました。およそ20年ぶりの再会です。新婚夫婦に、温かなまなざしと言葉をかけてくれました。新婚夫婦にとって、最高のはなむけとなりました。




18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/18new

1日校長先生をお迎えしました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

1日校長先生をお迎えしました

令和3年10月18日

 

 今日は、1日校長先生をお迎えしました。本年度のPTA会長、白石健太郎様です。オンラインによる朝会時の校長訓話、授業参観、そして1年生の逆上がり検定の合否判定員を務めていただきました。授業参観では、教師の説明の時間よりも子どもたちが調べたり、話し合ったりする時間が長いことを、感心していらっしゃいました。また、逆上がり検定では、「がんばれ!」と励ます姿が印象的でした。

 特に、校長訓話の内容が素敵でした。内容は、次の通りです。

 〇顔の表情により、相手に与える印象は変わる。

 〇表情は、心が作る。

 〇うれしいとき、楽しいとき笑顔になる。

 〇逆転の発想。笑顔を作れば、心も楽しくなる。

 〇素敵な笑顔を作り、楽しい気持ちになってみよう。

 

 白石様自身、常に笑顔を振りまき、周囲を幸せな気分にしてくださいます。その笑顔も日頃の心がけなのですね。

コロナ禍で、ややもすると気持ちが沈みがちになります。でも、こんな時だからこそ、笑顔を作り、周囲を、そして自分自身を明るくすることが大切です。白石様から生きるための知恵をいただきました。


17:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/12

本棚を寄贈していただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

本棚を寄贈していただきました

令和3年10月12日

 

 先日は時計台を、昨日はブランコの寄贈について紹介させていただきました。今回は、本棚の寄贈についてです。これについても、創立70周年記念事業の一環として三台寄贈していただきます。さて、時計台やブランコと大きく異なる点があります。それは、この本棚が栄小学校卒業生の手作り作品であるということです。

 製作者は、主任児童委員やおやじの会等でお世話いただいている鈴木伸治さんです。平成20年度に栄小学校のPTA会長をお務めいただいた方でもあります。8月の暑い時期から南部中学校の木工室に閉じこもり、一人黙々と作業に専念されてきました。

 作成のための図面、材料購入伺書、そして光沢に輝く仕上がり、どれをとっても子どもたちの成長を願う心が随所で伺われます。昨日は2台。近々もう一台寄贈予定です。

 地域の方の温かい応援のうえに、学校教育が成り立っていることを再認識する毎日です。記念式典まで、3週間を切りました。70年の歴史を地域の皆さんと共有しながら、当日を迎えたいと考えます。


18:51 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2021/10/11

運動場に新しいブランコが設置されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

運動場に新しいブランコが設置されました

令和3年10月11日

 

 運動場西側に新しくブランコが設置されました。創立70周年記念事業の一環として、地域の皆様から学校に寄贈されたものです。以前のブランコは老朽化のため撤去し、今回新たに設置をしました。

昔も今もブランコは大人気です。低学年から高学年まで、嬉々として楽しんでいます。人気ゆえに取り合いも起こります。先日も低学年の子たちと中学年の子たちがもめていました。

 8日のお昼のテレビ放送にて、校長から全児童にブランコの使用について話をしました。内容は、次の3点です。

① ブランコ遊びを通し、譲り合いの気持ちをもとう

② 譲り合うことで、みんな仲よしになろう

③ 寄贈してくれた地域の方に感謝の気持ちをもとう 感謝の気持ちを笑顔で表そう

 

 子どもたちは経験を通し、実に多くのことを学びます。子どもたちにとって、ブランコは立派な教材となります。ブランコの使用は、10月11日からとさせていただきます。地域の皆様、素敵なプレゼントをありがとうございました。


16:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/05

学校に日常が戻ってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

学校に日常が戻ってきました

令和3年10月5日

 

 授業巡回の折、音楽室から歌声が聞こえてきました。入室すると、ピアノ伴奏に合わせ、子どもたちが歌を歌っていました。歌声は秋の風に乗り、たおやかに室内を包みます。2学期開始より、新型コロナウイルス感染防止のため、子どもたちの生活や学習の仕方を制限してきました。合唱についても同様です。

「日常が戻ってきた!」胸の鼓動が高鳴ります。ただ、現段階では、100%の発声をさせるわけにはいきません。発声量も指導に合わせ、現段階の感染状況に応じた大きさでの歌声となります。

 他にも、給食の配食や清掃活動にきびきびと取り組む子どもたちが見られました。また、長放課中、マスクをとって運動場を走り回る姿も確認できました。少しずつですが、子どもたちに活躍の場を保障できるようになってきました。

 子どもたちの成長のためには、主体性や協働性といった視点が必要となります。今後も感染状況に合わせ、これらのものを提供し、学びのための指導・支援を継続します。
    


17:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/05

運動場に新しい時計が設置されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

運動場に新しい時計が設置されました

令和3年10月4

 

 運動場東側に新しく時計が設置されました。創立70周年記念事業の一環として、学校に寄贈されたものです。運動場には北側と西側にそれぞれ1基ずつ時計が設置されていましたが、遠方からだと時刻を読み取りづらい状態でした。今回の設置で、運動場のどこからでも、時刻を読み取ることができるようになりました。

 他にも、ブランコ、文庫、書棚が寄贈されました。全てのものを、子どもたちの健全な成長のために、活用させていただきます。

 協賛金をいただいた地域の皆様、企業の皆様ありがとうございます。10月30日(土)にアイプラザにて記念式典及び、記念講演を予定しています。なお、新型コロナウイルス感染予防のため、多数の方をお呼びすることはできません。ご了承ください。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/10/01

緊急事態宣言が解除され

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

緊急事態宣言が解除され

令和3年10月1日

 

 緊急事態宣言の解除にあたり、県や市の方針を受け、新型コロナウイルス感染対策を十分に施したうえで、本校の教育活動の見直しを図ります。緊急事態宣言下では、給食時以外のマスクの着用義務やグループ活動の制限、子どもの活動の制約など、子どもたちにとって十分満足のいく学校生活を提供することができませんでした。今後は、時間をかけて子どもたちの活動を促す方向に切り替えていきます。以下、栄小職員で確認し合った内容をお知らせします。

1 児童の登校について

 ① 同居家族に風邪症状が見られる場合と同居家族等が濃厚接触者に特定された場合は、引き続き児童生徒は登校をさせないようお願いする。

 ② 児童生徒に発熱などの風邪症状があり、すぐに治まった場合でも、念のため一日程度、登校を控え、受診することを勧める。

 ③ 検温チェックは、これまでどおり昇降口前で行う。

2 給食・清掃について

 ① 配食は健康状態を点検した給食当番の児童生徒及び教職員が行う。

 ② 清掃は通常通り行う。

3 学習活動について

  感染症対策を適切に実施した上で、「感染リスクの高い学習活動」も徐々に行う。近距離で一斉に大きな声を出す活動など、「特に感染リスクの高い学習活動」の実施は、慎重に検討したうえで行う。

 ① グループワーク・ペア学習については、マスク着用・換気・10分以内を原則に、事前指導をしたうえで実施を開始する。

 ② 理科の実験

   マスク着用・換気の上で、個別実験を原則に、事前指導をしたうえで実施を開始する。

 ③ 群読練習

   適当な声量を1週間かけて指導し、10月11日の週より、朝の放送に合わせての学級での練習を再開する。マスク着用・換気・10分以内を原則に、事前指導をしたうえで実施を開始する。この時、大きな発声はさせない。 

④ 合唱・リコーダー練習

   マスク着用・2mデイスタンス・換気・同方向を原則に、事前指導をしたうえで実施する。

 ⑤ 調理実習

   しばらく実施を見合わせる。専門機関の助言を受け、実施方法を検討する。

 ⑥ 委員会・クラブ活動

   常時活動に加え、臨時の活動についてもコロナ対策についての事前指導をしたうえで実施する。

 ⑦ 体育館にて、4学級合わせての学年集会をマスク着用・1mディスタンス・換気を原則にした上で実施する。また、出前授業も学年単位で実施してもよい。

 ⑧ 長放課の遊びについて

   マスクを外して遊んでもよい。(熱中症対策を重視)事前指導をした上で、ドッジボール・鬼ごっこ等も認める

 ⑨ 体育の時間、事前指導をした上で、運動時はマスクを外して活動する。

4 行事について

 ① 修学旅行・運動会・学習発表会は原則実施する。


16:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/16

栄小 生き物紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

栄小 生き物紹介

令和3年9月15日

 

 本校の中庭に小さな池があります。メダカやフナに交じり、4匹のカメが悠々と泳いでいます。爬虫類特有の風貌に、思わず身構えてしまいますが、子どもたちの間ではかなりの人気者になっています。そういえば私自身、子どもの頃捕まえたカメをかわいがっていたことがありました。

 男女を問わず、いろいろな学年の子どもたちがカメに会いにやってきます。中には、名前をつけてかわいがっている子もいます。人の気配を感じると水面に顔を出したり、人恋しいのか寄ってきたりとする姿に、愛着がわいてくるようです。

心の隙間をそっと埋めてくれる小動物たち。私たちは、小動物との触れ合いを通しても、命を実感し、命を育もうとする思いや実践を高めていくものだと思います。

 眺めているだけで、満ち足りた時間が過ぎていきます。カメに会いに来ませんか。希望される方は、気軽に学校までご相談ください。


09:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/07

2学期が始まり、1週間がたちました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主担

2学期が始まり、1週間がたちました

令和3年9月7日

 

 2学期が始まり、1週間経ちました。新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応を強化しながらのスタートです。本校では、主に3点のことについて、対応強化を図り学校生活を再開しています。

 
1 健康状態を把握した上での児童の受け入れ
 各家庭で検温や健康観察などしていただいた上で、児童を受け入れてきました。これに加え、校舎入館前に教職員による検温を実施し、手指消毒をした上で入館をさせます。


2 児童の生活や学習様式の見直し

 マスクを着用した上での生活や学習が基本です。同時に、熱中症対策もしなければなりません。そのため、激しい運動などは、当面の間、自重することとしました。また、身体接触や密が予想される運動も同様です。

合唱や器楽演奏、調理実習に加え、グループ活動やペア学習なども当面の間見合わせます。

 
3 教職員による懸案事項への代行

 給食時の配食やトイレ掃除は、接触感染も不安になります。そこで、配食については当面の間、教職員が盛り付けをします。また、児童が自分の分を自分で運びます。トイレ掃除については、当面の間、日を決め教職員が行います。

 

 ここ3日間、様々な箇所で、児童の登校の様子を観察しました。どの場所でも、密を避け静かに登校する様子を確認することができました。児童のがんばりはもちろんのこと、保護者や地域の方の協力、そして教職員の指導のたまものであると喜んでいます。今後も、学校・保護者・地域が一枚岩となってこの難局に向かっていきたいと考えます。


17:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
123