カウンタ
2 0 0 2
日誌

多米小の学校日記(先生や学校の様子)

今週は学級閉鎖が出ています

 先週から少しずつ増加傾向はみられていたのですが、今週になって一気に欠席、早退が増えてきました。

多米小では残念なことに火曜日から学級閉鎖の措置をとるクラスがでてきてしまい、25日時点で9クラス目の学級閉鎖が決まりました。

 まん延防止や体調の回復のためのやむをえない措置です。これ以上広がらないためにも、うがい、手洗い、換気、前向き給食などの感染対策を行いながら早期収束に向けて動いています。ご家庭でもご理解ご協力よろしくお願いします。

ついに来た!大谷グローブ!

大谷選手からの手紙.pdf

みなさんお待ちかね!

大谷翔平選手寄贈のグローブがついに多米小にも届きました。

3学期始業式にみなさんは初めて目にすることと思います。

どんな形で生かせそうか、またみなさんからもアイディアを出してくださいね。

一緒に添えられていた手紙も載せておきます。

大谷選手に感謝です。

中校舎完成!





 工事中だった中校舎の引き渡しがこの日に行われました。写真のように何もかもが新品になっています。
 27日の月曜日からいよいよ5年、たんぽぽの中校舎生活が始まります。
大切に使いたいですね。
 この後2週間経つと、今度は2年、3年がプレハブへ引っ越し、南校舎が工事に入ります。ご承知おきください。

校内現職研修(生徒指導)





 この日は校内現職研修として、生徒指導についての研修を行いました。
12年ぶりに改訂になった生徒指導提要の考え方について、生徒指導主任の矢澤先生に解説していただきました。
 説明を聞いた後は、グループに分かれて生徒指導で大切にしていることを情報共有しました。忙しい日常の中でなかなか情報交換する時間もとれないので、非常に有意義な場となりました。

校長先生の読み聞かせ



 この日の朝は、読み聞かせになっていました。
多米小学校では読み聞かせのボランティアの方々にお越しいただき、読み聞かせをお願いしているのですが、写真の通り、今回は6年生2クラスに校長先生が読み聞かせをしています。
本のタイトルは「ほしのおうじさま」です。有名ですが、中身をよく知らない人も多いのではないでしょうか。子どもたちはよい姿勢でしっかりと聞いていますね。

アケビの贈り物


 「大きいアケビが取れたから」と言って地域の方が学校に持ってきてくださいました。
 今ではアケビを知る人が少なくなり、先生の中でも「初めて見た」という人がいるほどです。
 写真ではわかりにくいかもしれませんが、通常のアケビの3倍以上はあると思われます。お盆にのせて子どもに見せて回りました。
 初めて見ると「カマキリの卵みたい」「ちょっと気持ち悪い」という声が多く聞こえてきました。味を知らないとそう思えるかもしれません。それでも興味深げに見ていました。具体物はよい勉強の材料になります。ありがとうございました。

国際教室「普段着の授業公開」



 
 多米小には、外国にルーツのある児童が多くいます。そのため、多米小の国際教室担当の先生方の指導は、他校の先生方の指導の参考になるものが多くあります。この日は「普段着の授業公開」として市内の先生方に多米小の国際教室の授業を見ていただく機会を設けました。
 少人数でのわかりやすい丁寧な指導は、国際教室担当の先生でなくても勉強になります。一度に複数の授業を公開していたので、学年に応じた対応の仕方を学べる貴重な研修の機会となりました。

授業研究会4の3




 9月19日に「ぴったりズムで走り切れ!」という単元の体育の授業研究会を行いました。その後に行われた研究協議会の様子です。

いちいがし その後




   9月4日の記事でも書きましたが、「いちいがし」として親しんできた大木を伐採しました。いったん、9月4日の写真の状態にしたのち、9月9日(土)に根元付近まで切り終えました。これで措置は完了です。切り株は残ります。
 半分枯れていたとは言え、やはりなくなると寂しいものです。見通しはよくなりましたけど…。
 今の時点では、この状態で残していく予定です。ふとしたときに「いちいがし」を思い出してくださいね。

大型TVを使って

 今の小学校の教室には、大型テレビがあります。
 6年生がちょうど大型TVを活用していたので紹介します。

 このクラスは家庭科の授業中でした。
 「ナップザックをつくろう」という授業で、どうやら作り方の手順を動画で確認しているようです。しばらく見ていると、「あーそういうことか」という声が聞こえてきました。学習において、「見通しをもつ」ということはとても大切なことです。子どもたちはよく集中して手順を確認していました。

 このクラスは英語の授業をしていました。ALTの先生と担任の先生の二人で授業をしています。
 黒板をよく見ると、なんと動詞の過去形を学んでいます。昔は中学校2年生でやる内容だったのに、時代は進んでいますね。
 この授業でも大型テレビが活躍しています。ALTが目の前で直接話してくれるネイティブの発音は子どもたちにとって最高のお手本ですが、テレビの中の教材を組み合わせることで視覚にも訴え、さらに内容をとらえやすくなります。
 多米小ではこのように大型テレビを使う授業が日常的に見られます。