豊橋市立高師小学校
 

学校の歴史

学校の歴史

 1873(明治 6) 第10中学校区第10番小学脩徳学校(高林寺)

 1878(明治11) 津森に校舎を新築

 1880(明治13) 渥美郡第24番小学校高師学校と改称

 1887(明治20) 渥美郡尋常小学校高師学校と改称

 1892(明治25) 高師村立高師尋常小学校と改称

 1893(明治26) 津森に高等科を併設。高師尋常高等小学校と改称

 1905(明治34) 高師村大字上原(現在地)に移転

 1911(明治40) 渥美郡高師尋常高等小学校と改称

 1912(明治41) 高師小の校章制定

 1916(大正 5) 校地内に「名勝高師山」の碑と歌碑建つ

 1932(昭和 7) 豊橋市立高師尋常高等小学校と改称。北校舎新築

 1941(昭和16) 豊橋市立高師国民学校と改称

 1947(昭和22) 豊橋市立高師小学校と改称

 1955(昭和30) 天伯小学校とわかれる
 1961(昭和36) プールができる

 1969(昭和44) 体育館,西通用門,校旗,校歌ができる

 1971(昭和46) 希望の塔・体育遊具施設ができる

 1977(昭和52) 幸小学校とわかれる

 1981(昭和56) 芦原小学校とわかれる。ひまわり学級ができる

 1992(平成 4) 北校舎新築。木造遊具ができる

 1996(平成 8) コンピュータが入る

 1998(平成10) プールに温水シャワーができる

 1999(平成11) 竜巻におそわれる

 2001(平成13) 移転100周年記念行事,校区合同体育祭開催

 2002(平成14) 防災ずきんを学級に設置

 2003(平成15) 防犯ブザーを全児童に配布

 2004(平成16) 体力づくり優秀校の表彰を受ける

 2006(平成18)  防犯カメラが設置される

 2013(平成25) 開校140周年記念 航空写真撮影

 2014(平成26) 飲料水兼用耐震性貯水槽が設置される